FC2ブログ

D4D

なんでもあり、暫定運用

Happyなやつかも

Idogs.jpg

明日までなんだけど
マクドナルドのHappyセットでついてくるおまけが
結構気に入っちゃって
初めてコンプしてしまった。

iDogっていうのだが
結構デザインもいい感じだし
というかこういう感じって結構好きかも

色の違いのほかに
音に反応してほえる奴とか
両耳がスイッチになってて別々の音が出る奴とか
一応4種類仕様が違うところも凝っている

こんなものをモニターの下とか上とかに並べて
仕事をあからさまにしていないのがバレバレって感じ

マクドのクーポンを使うとチーズバーガーとのセットが360円になるから
結構お徳かも
ドリンクを野菜生活にすればバランスもOKか?

しかしこれ一体マクドの原価はいくらなんだろう
それと明日で終わりでまだ売れ残っていたのがあったけど
これって廃棄されるんだよね
なんていうか絶望的な無駄かつアンチエコロジーな感じ

マクドってほんと
環境と健康の敵って感じがいいですな
ハンバーガーと一緒に罪悪感も食べるってか
  1. 2008/07/30(水) 18:41:54|
  2. Funny
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

勇者って何って感じ

ドラゴンクエストV 天空の花嫁ドラゴンクエストV 天空の花嫁
(2008/07/17)
Nintendo DS

商品詳細を見る

ドラクエ最高傑作といわれ
俺もそのとおりだと思う

私はPS2版はやってなくて
SFCでビアンカクリア、フローラで子供が出来るまでやった記憶があるのだが
結構忘れているな
今回はデボラでプレイしたけど
あんましツンデレじゃなかった

SFCのころはFFにすごい勢いがあって
ドラクエのショボイグラフィックに何これって感じだったけど
今見ると結構印象が違う
結構忘れているものだし

DCになってグラフィックが変わったと良くなったというのもあるけど
さすがに売れるもの、売れ続けるものって感じだ
なんていうかな
情報の密度が濃くて均一なんだ
そして入りやすい

今見ると恐ろしくつくり込んでいるのがわかる
特にすごいのが街の人の話
時代ごとに、さらに夜、昼って感じで
ちゃんと人を考えて配置してある
また仲間との会話とかもホントよく作りこんである

最近ヒットし続けるものって
空間に情報を
均質かつ破綻なく、そして濃く配置することにあるんじゃないか
って思うようになった
ディズニーランド、ドラえもんとかね

そしてなんだかんだで入りやすいの
キャラデザとかも
すごくいいってわけじゃないんだけど
嫌にならないって感じ

SFCのこの時代の鳥山明ってドラゴンボールの終わりごろで
なんか荒れてたというかちょっと変な癖が出てたというか
男性キャラ変にムキムキだし、女性キャラなんか切れているし
ドラクエって鳥山のDr.スランプのテイストを使っていると思うんだが
世間的に鳥山絵が食傷気味ってのもあったし
鳥山自信も忙しくてそんなに時間を割いていないような節がある
スーパーアシスタントとでも言うか鳥山クローンも育ってなかったぽいし

けれどもDSでは鳥山クローンいい仕事しているって感じ
鳥山テイストとは何かってのがわかってきたんだろう

結構一気にクリアしてしまった
多分私のRPGクリア最短タイム
というか前回やったのはDSのドラクエ4を途中まで
ちゃんとクリアしたのはドラクエ8が最後だし
ゲームやらなくなったな

けどやっぱやんないほうがいいと思う
特に一回のプレイ時間が長いRPGとかは
心地よい単調作業で頭が悪くなると思う
  1. 2008/07/23(水) 10:39:23|
  2. Games
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋葉原の事件で思うこと

この事件を日曜の夜遅く
録画しててあったある番組の速報で知ったんだけど

うーんやった奴の心境が
俺には全然ピンと来ない
なんか頭で理解できそうな部分もあるけど

俺って社会に特に恨みみたいなものはないのかな
個人にはあるけど
よってこの加害者の心境って
理屈でしか把握できないけど

しかしこういうことがあると
世間って何か理由をつけたがるのだろう
そして何かに転化して落とし前をつけようとする
オタクだったというのは格好の標的になるんだろう
まだまだこういったカルチャー的なくくりって
社会的に攻撃されやすいんだなって思う

この人って典型的な
派遣のワーキングプア状態の人だけど
まだまだ全然若いし
なんか弱いよねいろんな意味で
そこがなんか痛い

けどこの手の人って昔なら
左方向の組織なり、教義なりそんなところに入ってたものだが
そういうところでも受け止められなかった
ということなんだろう

この手の境遇の人って
かなりの割合になっている
けれどもそれが全く政治的に分断されてしまって
本当に無力な存在になっているんだなって思う
いわゆる左系統の政党なり団体なりって
昔、高度経済成長のころよりも
必要性が増しているように思うのに

最低限の生活でいいのなら生きていくのは簡単ってわけでもないんだろう
人はパンだけでは生きていけない
昔よりも生きていくのが大変になっているのか
搾取されている側の組織って昔よりもずっと必要なのに
そんなことを思う

こういうの見ると
いわゆるネット系って
日本では本当に無力なんだな
経済的にも社会的にも

社会的弱者だとは思いますが
別に加害者を擁護しているつもりはありません
被害者のご家族にお悔やみ申し上げます。
  1. 2008/06/10(火) 19:20:20|
  2. News
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オタクとサムライ

オタクはすでに死んでいる (新潮新書 258)オタクはすでに死んでいる (新潮新書 258)
(2008/04/15)
岡田斗司夫

商品詳細を見る


なんていうかなバカバカしさを感じる
岡田氏ももう過去の人だし
オタクという言葉も過去の現象を言っているに過ぎないのだろう

というか社会がここまで変わって核家族どころか
核個人とでも呼ばれるような状態になり
情報機器がここまで発達すれば
オタクも何もないでしょ

オタクと言われる現象は
マスコミ以外の情報伝達手段がほぼないという
特殊な時代の中で
それでは拾えない人たちが取った行動であり
いわゆるマスコミが過去の遺物のような状態になってしまった現在
もう単なる昔話なんだ

いろいろ言われているけれど
オタクってサムライという言葉と使われ方が近いような気がする

サムライという言葉自体も過去に美化されて定着した
戦国時代までは好きで刀もってチョンマゲしていたわけじゃないし
主君に仕えていたわけでもない
単なる生き延びるための手段だったわけで美学でもなんでもない
それが江戸時代にモード化された
サムライはただの支配層、官僚となり
刀も、チョンマゲもただ自分の祖先のルーツを示すだけのもの
自分の地位は祖先がサムライだったからというだけで
その根拠をなくすわけにもいかないのでモード化して
振舞っているに過ぎない

オタクもいわゆるマスコミの時代は
自分の気持ちを受け止めてくれる唯一の手段だったし
自己表現の限られた方法だった
いわゆるマスとして社会はなくなり
個々の嗜好性は最大限尊重される社会になり
自己表現が誰でも簡単に可能な社会になると
いわゆるモードとなってしまった

コミケに行くなんて典型的でしょ
インターネット時代ほぼ必要がないけど
単なる儀式として参加し存在しているわけだ
コミュニティーを作るのも、自己表現するのも
ネットのほうがはるかに簡単で効果的だ

ただオタクという服を着て
馴れ合いたいだけなんだ
茶道なんかとおんなじかな
ルール、形式があって非日常体験

オタクは死んだというよりも
コミュニケーション方法となった
岡田氏のロジックだと
オタク=クリエーター
というロジックは
サムライ(武士)=戦う人
というロジックを振りかざしているに過ぎない
江戸時代になったんだ刀は人を切る道具じゃない
単なる身分を示す飾り

名前は思い出せないが
落語に戦国時代のそこそこ活躍した人が
江戸時代になってその活躍を
大げさに人に聞かせるというのがあったと思うが
岡田氏は前時代の生き残りで
昔話をすることを生業にしているに過ぎない

オタクがつくった
特に80年代を中心とする
カルチャーはすごいものだ
現在それをなぞっているだけかもしれない
だけれども新しい流れはいつの時代も来る
それは今までの方法とは違うことだけは確かなんだろう
  1. 2008/05/08(木) 15:15:33|
  2. Books
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヱヴァンゲリヲン 新劇場版

まだ四分の一だし
今回はほとんどテレビと一緒だったけど
次からはいろいろ変わるみたいだし
とりあえず今の感想となるけど

面白いか面白くないかといわれれば
面白かったし見る価値はあると思う
けどなんか微妙だった
というかテレビ版見すぎたのかもしれない

エヴァって私にとってはあまりにも特別な作品なんだ
綾波イイとかアスカ萌え
って余裕もないくらいにシンジに同調してみている
それよりもミサトとの関係のほうが重要だったりする

テレビ版の話は置いておいて
なんていうかななんともなかった
要するに何の衝撃もなかった

テレビ版はあまりにも衝撃だったんだ
心の底から驚いた、引き込まれた
それがなかった
まあそんなものをもう一度期待するのも無茶な話だが

戦闘シーンはいい
細かな戦闘のディテールも確実に進化している
正直あの場の作りこみはすごいと思う
けど日常シーンがカットされたのはいかがなものかと
結構重要なシーンがそぎ落とされてしまっている

エヴァって
戦闘シーンがやたらよくできていた
その出来よすぎて
心理パートのほうも変なリアリティーが生まれるという
効果をねらったのか偶然なのかは別として
そういう部分があった
それがうまく機能しなかったのかな

テレビ版はリアルタイムで見たんだけど
放送から一週間づつってのは大事なのかも
あれこれ想像して1週間すごした
ビデオも何回も見た
そういった部分がなくなっているのもどうかと思う

エヴァは10年前だからありえたんだなって思う
またリアルタイムで体験できた
ことを改めてよかったって今は思える



ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 特装版ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 特装版
(2008/04/25)
三石琴乃、林原めぐみ 他

商品詳細を見る
  1. 2008/05/01(木) 01:47:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

R1

Author:R1
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる