D4D

なんでもあり、暫定運用

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オタクとサムライ

オタクはすでに死んでいる (新潮新書 258)オタクはすでに死んでいる (新潮新書 258)
(2008/04/15)
岡田斗司夫

商品詳細を見る


なんていうかなバカバカしさを感じる
岡田氏ももう過去の人だし
オタクという言葉も過去の現象を言っているに過ぎないのだろう

というか社会がここまで変わって核家族どころか
核個人とでも呼ばれるような状態になり
情報機器がここまで発達すれば
オタクも何もないでしょ

オタクと言われる現象は
マスコミ以外の情報伝達手段がほぼないという
特殊な時代の中で
それでは拾えない人たちが取った行動であり
いわゆるマスコミが過去の遺物のような状態になってしまった現在
もう単なる昔話なんだ

いろいろ言われているけれど
オタクってサムライという言葉と使われ方が近いような気がする

サムライという言葉自体も過去に美化されて定着した
戦国時代までは好きで刀もってチョンマゲしていたわけじゃないし
主君に仕えていたわけでもない
単なる生き延びるための手段だったわけで美学でもなんでもない
それが江戸時代にモード化された
サムライはただの支配層、官僚となり
刀も、チョンマゲもただ自分の祖先のルーツを示すだけのもの
自分の地位は祖先がサムライだったからというだけで
その根拠をなくすわけにもいかないのでモード化して
振舞っているに過ぎない

オタクもいわゆるマスコミの時代は
自分の気持ちを受け止めてくれる唯一の手段だったし
自己表現の限られた方法だった
いわゆるマスとして社会はなくなり
個々の嗜好性は最大限尊重される社会になり
自己表現が誰でも簡単に可能な社会になると
いわゆるモードとなってしまった

コミケに行くなんて典型的でしょ
インターネット時代ほぼ必要がないけど
単なる儀式として参加し存在しているわけだ
コミュニティーを作るのも、自己表現するのも
ネットのほうがはるかに簡単で効果的だ

ただオタクという服を着て
馴れ合いたいだけなんだ
茶道なんかとおんなじかな
ルール、形式があって非日常体験

オタクは死んだというよりも
コミュニケーション方法となった
岡田氏のロジックだと
オタク=クリエーター
というロジックは
サムライ(武士)=戦う人
というロジックを振りかざしているに過ぎない
江戸時代になったんだ刀は人を切る道具じゃない
単なる身分を示す飾り

名前は思い出せないが
落語に戦国時代のそこそこ活躍した人が
江戸時代になってその活躍を
大げさに人に聞かせるというのがあったと思うが
岡田氏は前時代の生き残りで
昔話をすることを生業にしているに過ぎない

オタクがつくった
特に80年代を中心とする
カルチャーはすごいものだ
現在それをなぞっているだけかもしれない
だけれども新しい流れはいつの時代も来る
それは今までの方法とは違うことだけは確かなんだろう
スポンサーサイト
  1. 2008/05/08(木) 15:15:33|
  2. Books
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

究極!!変態仮面

なんか最近盛り上がってきた
変態仮面がコンビによう漫画で出てた

これもとのジャンプコミックスでは微妙にプレミアがついているんだよね
もう2巻まで出てて1巻は結構売り切れている
結構探し回って1巻を見つけた
変態仮面を探して日本橋をさまようなんて

しかしすごいよな
こんなものを連載させるなんてしかも新人

ジャンプって本当にすごい
キン肉マンとか東大一直線とか純情パインとか
どうやったらこんな目利きができるのやら。



究極!!変態仮面 Vol.2 (2) (SHUEISHA JUMP REMIX)究極!!変態仮面 Vol.2 (2) (SHUEISHA JUMP REMIX)
(2008/02)
あんど 慶周

商品詳細を見る
  1. 2008/02/06(水) 20:40:11|
  2. Books
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初恋限定。

今年はじめて買った漫画がこれかよ
個人的に面白すぎる河下水希です。

何が面白いって
一応「少年」誌に連載をしていて
男性が読んで気持ちのいい物を書いているはずなのでが
その感覚が微妙というか
それを女性が書くというのが面白いといえますね

なんていうかなこういうのを見ると異性って
男からも女からも彼方の存在なんじゃないだろうかって思う
一応男性史では一人の主人公がモテモテとなるんだけど
男性が書くと単にえげつない感じになる
逆に女性が書くと一応主人公がぼやけてしまう
というジレンマがある

前作いちごもそんな感じだった
要するに主人公の周りを回る女の子が主役の漫画で
主人公は真空状態
ただその心理描写が微妙に面白い
今回もそう一応男性からホレただハレただはあるが
その心理描写がちょっと描けてない
逆に女性からが面白い

また前作もそうだったけど
どうも作者連載中にキャラを勝手に動かしているっぽいんだよね
要するにどうくっつくかが作者もわかってないんじゃないかってところがあった
今回はそれを同時並行的にやっているっぽくて
まったく収拾がつくのかつかないのかがおもしろい

しかしおまけ漫画が微妙だった
ちょっとサービスシーンのつもりなんだろうけど
女性が書くとえっちいシーンがえげつなくて見れよね
ジャンプで同時に連載されている
To LOVEるとの対比もおしろい
まあここまで突き抜けて描けると逆にすごいんだけど
赤松よりもいい意味でショーもない漫画があるとは思わなかった。

どちらにしろ今後が楽しみな作品である。

初恋限定。 1 (1) (ジャンプコミックス)初恋限定。 1 (1) (ジャンプコミックス)
(2008/02/04)
河下 水希

商品詳細を見る
  1. 2008/02/04(月) 20:31:45|
  2. Books
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

R1

Author:R1
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。